無職でも借りられる?

キャッシングローンの審査という点

私の場合はフリーターということで、キャッシングローンの審査という点から見ると不利な職業なんです。 職業が不安定、または収入がない人などは、キャッシングローン会社側だと、貸し出し後のリスクを考えると、どうしても審査が通らないケースになります。 無職で収入がなければ、当然返済する当てもないわけですから、借りる方も返済計画がないのでは諦めざるを得ません。でも、定職には就いていないけど、なにがしかの収入がある場合は借入ができることもあるんです。 例えば不定期だけど、友人の親が経営している居酒屋へ手伝いに行っている場合は、その親の承諾を得さえすればバイトで勤務していることで申込みができます。 それから派遣会社の登録ができれば、現在収入がなくても登録社員ということで無職ではなくなり、審査が通可能性があります。必ず通るという補償はありませんが、それでもその可能性が高まるのは間違いないでしょう。 当然無職の方は、蓄えがある方は別として、きちっとした返済の計画や目処がない方は借入を避けなければなりません。生活に困っているから借入を申し込むという事情はあるにせよ、この点は重要です。 ただ、初めて借入をする場合、最初の30日間は無利息という会社もあるので、30日間はこのお金を上手く活用することも可能です。 そして分割という返済方法だと、上手く返済の目処が付く場合もあります。仮に10万円を借り入れし、毎月5,000円ずつ返済した場合は、この10万円が当座の生活資金となるので、毎月僅かな収入でも返済の目処が立ちますよね。やはり重要なのは、何らかのカタチで収入の道を得ることです。新聞配達にせよ掛け持ちの仕事をすることで長期は無理としても半年、1年間などは計画が立てられると思います。 この1年以内の返済計画で上手く乗り切り、どうしてもうまくいかなかったら、返済が滞りなくされているならば、再び借入ができる可能性も高いので、キャッシングローンを利用されることもできるでしょう。